PR
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

【小説】if ~もう少しだけアイツと一緒にいられたら~ 第2話

恋愛小説

【小説】if ~もう少しだけアイツと一緒にいられたら~ 第2話

 今日から中学校生活が始まる。
 いつもより早く目が覚めた朝。
 転校することが無くなり、あいつやみんなと同じ中学に行ける。

 着慣れない学生服に袖を通し、身支度を済ませて家を出た。

 

 身長が伸びることを想定したブカブカの学生服。
 履き慣れない学生シューズに、持ち慣れない学生かばん。
 全てが新鮮な1日。
 唯一小学生と同じことは、中学校が小学校のすぐ近くで、通学路が同じということ。

 

 通学途中、あいつのアパートが見えてきた。
 そう思うと、自然と足早になっていく。

 あいつのアパートの前を通りながら、
 「(あいつはもう出たかな?)」
 
あいつの制服姿や学生生活に期待しながら、学校に向かった。 

 

 「勉強が難しいんだろうなぁ~」
 「部活は大変なんだろうなぁ~」
 中学校が近くなるにつれ、緊張とワクワクが増していく。
 中学生活のイメージと言えば、好きなマンがのひとつ、あだち充作品の「タッチ」。
 双子の上杉達也・和也兄弟に、浅倉南。
 いろいろと考えているうちに、中学校に着いた。

 

 校門を通ると、小学校からの友達だけでなく、もう一つの小学校出身の見知らぬ生徒もいた。
 「何組かなぁ?」
 クラスを確認していると、後ろから声を掛けられた。
 「あ、緒川じゃん。」
 振り返れば、制服姿のあいつだった。
 照れを隠しながら、
 「友野かぁ。おまえ、何組?」
 「2組。緒川と一緒じゃね。」
 「友野と同じクラスかよぁー。」
 嬉しくてたまらない状況ではあるが、照れて、嫌がって見せる。

 緒川佳充
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
 友野恵梨奈

 一緒に下駄箱に向かいながら、あいつが茶化してくる
 「緒川、七五三みたいじゃね。」
 「うるせぇなー、友野もじゃろ。」
 こんな茶化し合うような関係は、小学生の頃と変わらない。
 だからいい。
 そう思いながら教室に入り、自分の席に着いた。
 「(あいつと同じクラスだったー!)」
 中学校入学から、良いスタートが切れた。

 

 担任の先生が教室に入ってきて、
 「これから入学式が始まります。出席番号順に廊下に並んでください。」
 体育館に入り、入学式を済ませた後、再び教室に戻った。
 教室では、クラスメート全員の自己紹介が行われ、初日を終えた。
 すぐに新たな友達もでき、楽しい中学校生活が始まった。
 

 

 数日後、部活選びが始まった。
 私の身長は150cmくらいで、背の低い方であったが、走ることには自信があり、中学校では
 陸上部に入ることを決めていた。
 「もっと速く走れるようになりたい。あと、モテたい。」
 中学生らしい動機だ。 
 「(あいつは何部に入るんじゃろ?)」
 と思いながら、陸上部の先輩たちや顧問の先生を待った。

 「(足の速そうなやつがいるな)」
 とキョロキョロ見ていると、女子の集まりの中に、あいつがいた。
 「(え?あいつも陸上部?)」
 私が驚いているところに、あいつも俺に気付いた。

 

 「緒川も陸上部なん?」
 「おぅ、友野も?」
 「うん。そっかぁ。緒川って足速いもんね?でも緒川には負けんよ。」
 あいつの身長は160cmくらいで、私よりも背が高く、
あいつも足が速かった。
 50m走では負けなかったが、100m走で負けたことがある。
 まさか、あいつも陸上部に入るとは思ってもみなかった。
 あいつの動機は分からないが、とにかく嬉しかった。
 1年生は基礎体力作りで、走り込みや筋トレが多く、きつかった。
 それでも、あいつと部活まで一緒になったことで、楽しい部活動だった。

 朝練、授業、部活動と一緒に過ごす時間帯が多かったことが幸いした。
 学校生活を共にするだけでなく、登下校の時間帯も同じで、一緒に登下校することが
 自然と多くなったが、決して
恋人同士になったわけではない。
 私は、小学生の頃からあいつが好きだった。
 友達の大半も、あいつのことが好きで、ライバルが多い。
 それに、あいつが誰を好きなのかも分からない。
 もしかしたら、付き合っている人がいるのではないか?
 思春期真っ只中の私。
 私とあいつはこれからどうなるのか?
 乞うご期待。

 

第3話はこちら↓

【小説】if ~もう少しだけアイツと一緒にいられたら~ 第3話
中学校生活にも慣れた5月。授業にも部活動にも慣れ、新しい友達や部活の先輩とも良い人間関係を築いている。陸上部に入り、走り込みや筋トレなどの基礎体力作りにも慣れてきた。中学生に対してのハードルの高さも、いざなってみればこんなものかと、小学生の延長のように過ごしていた。

 閲覧ありがとうございました。

*****************
  中年独身男のお役立ち情報局
  Friends-Accept by 尾河吉満
*****************

タイトルとURLをコピーしました