PR
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

【中年独身男の恋愛エッセイ】第02話 あいつからの連絡から一夜明けて!

中年独身男の話

第02話 あいつからの連絡から一夜明けて!

 探偵事務所に依頼して、やっとあいつに辿り着いた。
 あいつの姿を最後に見てから、24年もの月日が流れていた。
 SMSで連絡が来てからというもの、いろいろな想いが巡って、よく眠れなかった。
 届いたメールはどこか他人行儀な印象で、事務的な文面だった。

 

 あいつと距離が離れてから32年が経過しているわけだから、当然と言えばそれまでだろう。
 それに私の中でのあいつは、小学生で止まっている。
 むしろ意識的に止めてしまっているのかも知れない。
 それは、あいつが女の子から女性になっていく時間を共有できなかったことも残念で仕方が
 ないのだが、何も行動に移せなかった自分の弱さが許せず、悔やんでも悔み切れない気持ち
 がそうさせているのだろう。
 愛知と広島の物理的距離は400kmに過ぎない。
 逢いに行こうと思えば逢えたし、電話で話しをすることもできたはずなのに。
 勇気を出して、当たって砕ければ良かったのに。

 「もしも」と思うたびに胸が締め付けられ、自己嫌悪に襲われる。それでもあいつと繋がり
 ができたことが素直に嬉しかった。
 歳を重ねてやっと「やらずに後悔するよりもやって後悔する」ことを選んだ私が
 恥を忍んで探偵事務所に依頼したことは、私が初めて勇気を出して踏み出した証なのだから。

 

 あいつからのメールに返信した後、なかなか眠りにつけなかった。
 共有した時間を思い出したり、どんな返信が来るのだろうとメールが気になったり。
 いつ眠りについたのかは分からないが、目が覚めたのは昼前のことだった。
 スマホを手に取り、メールを確認したが、あいつからの返信はない。
 私は待つ時間を楽しむことにした。

 探偵事務所でお世話になった担当の女性と話がしたくなり、電話をかけた。
 「昨日、連絡したかったんですよ」
 と弾んだ声に、
 「昨晩、あいつから連絡ありましたよ」
 と返した。

 

 聞いたところあいつは、山口の実家から車で5分のところに住んでいるらしい。
 昨日、探偵の方からあいつのご両親に私の連作先が書かれた名刺を渡され、同窓会をやりたい
 という話を伝えてもらい、ご両親は快く直ぐにあいつに連絡してくれたそうだ。
 連絡先を渡されたあいつは、直ぐに連絡してくれたことを知った。

 担当者との会話は続く。
 「結婚していたのは残念だったけど、繋がりが持てて良かったですね」
 と私が思っているそのままを言われ、少し戸惑いながらも
 「本当にありがとうございました」
 と感謝の気持ちを伝えた。

 今日は週に1度の通院日。経過報告をするために主治医の先生の診察を受ける。
 あいつからの連絡を楽しみに待ちながら。

 

第03話はこちら

【中年独身男の恋愛エッセイ】第03話 連絡を待っている時間!
今日は、探偵事務所に捜索依頼の成功報酬を振り込んだ。あいつを探し出してくれた報酬だ。運良くあいつを見つけ出してもらい、探偵に連絡先を渡してもらった。あいつから連絡をもらうことができ、あいつの連絡先も知っている。出来過ぎの結果だ。

 

依頼して良かった。
30年以上前に、離れ離れとなったあいつを探し出してくれた
「さくら幸子探偵事務所」

【あの人は今?】32年前に別れた人を探偵に人探し依頼!
40歳半ばになって、「あの人は今どうしているだろうか?」と気になるようになった。その相手とは、小学生だった頃に出逢った初恋の人。小学校を卒業すると同時に、私は引越しすることになり、それから32年の月日が流れた。

 閲覧ありがとうございました。

*****************
  中年独身男のお役立ち情報局
  Friends-Accept by 尾河吉満
*****************

タイトルとURLをコピーしました