PR
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

無料で使えるOpenAIのChatGPTで遊んでみた!

ブログ

無料で使えるChatGPTを使っていろいろと遊んでみた!

 よく耳にするChatGPT。
 OpenAIが開発した次世代言語処理モデルで、自然言語の理解や生成をする技術です。
 40代中年男の私ですが、時代に取り残されないようChatGPTを取り入れてみたいと思います。

ChatGPT/Copilotの教科書 中島大介

Amazon

 

ChatGPTとは何か?

 大量のテキストデータを用いてトレーニングされた人工知能(AI)モデルの一種。
 GPT(Generative Pre-trained Transformer)というアーキテクチャが採用され、自然な
 言語の生成や理解を行うことが可能です。

 

ChatGPTの仕組み

 ChatGPTの内部構造は、Transformerと呼ばれるニューラルネットワークアーキテクチャに
 基づいています。
 Transformerは、入力されたテキストの各単語やトークンを処理し、それらの関連性を学習。
 大量のテキストデータから学習された知識を利用して、自然な言語の生成や会話を行います。

 

ChatGPTの使い方

 ChatGPTを使うためには、通常はプログラミング言語(Pythonなど)やAPIを利用します。
 OpenAIが提供しているAPIを利用することで、簡単にChatGPTを活用することができます。
 APIを介してテキストを送信すると、ChatGPTがそのテキストに基づいて応答を生成します。

 そこで現在、無料で使用できるChatGPT 3.5を調べてみました。

 

ChatGPT 3.5の概要

 ChatGPT 3.5は、自然言語処理の分野における最先端のAIモデルの一つです。
 大規模なデータを学習し、その文脈に応じて自然な会話を生成する能力を持ちます。
 ChatGPTシリーズは、その前身であるChatGPTやChatGPT 2を超える進化を遂げ、より高度
 な理解力と柔軟性を持つようになりました。

 

ChatGPT 3.5の特徴

 ChatGPT 3.5の特徴は多岐にわたりますが、その中でも注目すべき点をいくつか挙げます。

  •  広範なトピックや分野に対応した会話を行うことができる
  •  文脈を理解し、適切な応答を生成する能力が高く、より自然な会話が可能
  •  多様な言語や文化にも対応し、グローバルなコミュニケーションを促進

 

ChatGPT 3.5の応用と活用方法

 ChatGPT 3.5は、様々な応用が可能です。

  • カスタマーサポートやオンラインチャットボット、教育支援システムなど多くの分野で利用
  • 開発者向けのAPIも提供され、カスタムアプリケーションやウェブサイトに統合が可能

 

ChatGPT 3.5の今後の進化と展望

 ChatGPT 3.5は、今後の進化に期待されています。

  • データセットの拡充やモデルの改良により、より高度な会話能力や学習能力が実現
  • AIとの会話が一般的になる中で、ChatGPT 3.5の役割は益々重要になる

 

結論

 ChatGPT 3.5は、AIの自然言語処理技術の最先端を行くモデルとして、その進化と革新性で
 注目を集めています。
 幅広い分野において大きな可能性を秘めており、今後の
さらなる発展が期待されます。
 AI技術の発展と共に、ChatGPT 3.5は私たちの日常生活に革新をもたらすでしょう。

 

実際に使ってみた

 Googleアカウントを持っていれば、簡単にログインでき、すぐに使えます。

 ChatGPTをはじめる

 

会話してみた

 まるで、人とメッセージ交換しているようです。

 

質問してみた

 質問に対して、簡単に答えてくれます。

 

お願いしてみた

 ブログ記事も書いてくれます。
 もはや、私のような若輩ブロガーは必要ないのでは...。

 

注意点

 好きな歴史について質問してみた結果、丸投げで質問すると間違いが多々見られました。
 プロンプトに必要な情報を含めると、間違いが少なくなります。
 

 

関連記事

対話型AI検索エンジン【Perplexity】を使ってみた!
WEB上の情報を自然言語で検索できる対話型AI検索エンジンである『Perplexity AI』。最新情報に基づいて高品質な回答を生成し、根拠となるページのリンクも提示してくれます。多言語対応で画像生成機能も備えた、次世代のAIです。Perplexityは無料でも使用することができます。
Cohere(コーヒア)Command R+を使ってみた!
Cohere(コーヒア)は、最先端の人工知能(AI)技術を活用して、ユーザーが日常的に使用するアプリケーションやデバイスで利用できるAIアシスタントを提供する企業です。Cohereのチームは、自然言語処理(NLP)と機械学習(ML)の分野で豊富な経験を持つ専門家で構成されており、複雑な言語タスクを実行できるAIモデルの開発をしている。
GoogleのGemini(ジェミニ)を使ってみた!
2023年12月6日にGoogle DeepMindから発表された Gemini は、従来のAI言語モデルの境界を押し広げる革新的な技術として注目。LaMDAとPaLM2の後継モデルとなるGeminiは「Ultra」「Pro」「Nano」の3つで構成され、それぞれ異なる強みと機能がある。

 

関連動画

 

無課金でもchatGPT4oが使えるよ! 2024年5月

 無課金でも3時間毎に最大10回までは、chatGPT4oが使えます。
 10回を超えると、自動でchatGPT3.5に切り替わります。

 どちらが使われているかは、回答結果最下段の☆マーク部で確認できます。

ChatGPT/Copilotの教科書 中島大介

Amazon

 

 閲覧ありがとうございました。

*****************
  中年独身男のお役立ち情報局
  Friends-Accept by 尾河吉満
*****************

タイトルとURLをコピーしました