PR
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

Claude(クロード)AIを勉強して使ってみました!

ブログ

Claude(クロード)AIを勉強して使ってみました!

 日進月歩で進化するAI。
 この急速な進歩についていくのが精一杯な私ですが、AIの勉強をしています。
 ChatGPTやGemini、Copilotなどがしのぎを削る中、今回取り上げるのは、Claude AIです。

 AIにあまり詳しくない私ですが、勉強して使ってみた感想をまとめてみました。
 利用制限はありますが、無料プランで試しています。

 

 クロードを始めてみる

 

Claude AIとは?

 Claude AIは、Anthropic 社が開発した大規模言語モデル(LLM)です。
 膨大な量のテキストデータを学習し、人のような自然な対話や複雑なタスクを実行できます。
 最新バージョンはClaude 3.5 Sonnetで、Claude 3 Haikum、Claude 3 Opusもあります。

 

Claude 3.5の特徴

  • 人からの複雑な質問や指示を理解し、的確で自然な回答を生成してくれます。
  • もちろん日本語を含む多くの言語で対話が可能です。
  • 科学、歴史、文化、技術など、様々な分野に関する豊富な知識を持っています。
  • 物語の作成や詩の執筆、アイデアの生成など、創造的なタスクも可能です。
  • データの分析、論理的な問題の解決、複雑な概念も説明してくれます。
  • プログラミング言語の理解と生成ができ、コードの作成や修正、デバッグが可能みたいです。

 

Claude 3.5の活用方法

  • 特定のトピックスについて質問し、詳細な情報が得られます。
    難しい概念の説明も可能なため、学習の補助ツールとして活用できます。
  • 記事やレポート作成、アイデア整理、文章校正など、高いライティング能力を発揮します。
  • コードの作成やデバッグ、プログラミング言語の学習など、技術的なサポートも可能です。
  • 市場分析、戦略立案、プレゼンテーション資料の作成など、ビジネス面でも活躍します。

 

Claude 3.5 を使う利点

  • 情報収集や分析、文章作成などの工数と労力の削減ができ、作業効率UPします。
  • 様々な分野の情報にアクセスでき、新しい知識を得ることができます。
  • アイデア出しや異なる視点を提案し、創造性を刺激してくれます。
  • 複雑な問題を分解し、段階的に解決する手助けをします。

 

クロード 3.5 の限界と注意事項

  • 学習データには制限があるため、最新の状況や方針は正確でない可能性があります。
  • 個人情報や機密情報の取り扱いには注意が必要で、入力をしない方が良いです。
  • 既存データから生成するため、完全にユニークなアイデアを生み出すのは難しい。
  • 道徳や倫理の面で、人の適切な判断が必要になります。
  • 情報は常に正確であるとは限らないため、最終的には人による確認が必要です。

 

将来の展望

  • 文脈や意図を深く理解して、洞察力のある回答が可能になります。
  • テキストだけでなく、画像や音声なども理解・生成が期待されます。
  • 医療や法律など、特定の専門分野に特化したAIモデルの開発が進んでいます。

 

まとめ

 高い言語理解能力と幅広い知識により、人間の生活や仕事は大きく変わる可能性があります。
 但し、AI はあくまでツールであり、人間の創造性や批判的思考、倫理的判断が必要です。
 AIを利用するしつつもAIの限界を理解し、適切な使用を心掛けなければなりません。
 技術革新の波に乗り遅れることなくAIと共生しながら、より良い未来を築いていけるでしょう。

実際に使ってみた(豊臣秀長について聞いてみた)

文章生成速度は、ChatGPTより速い印象があります。        
木下藤吉郎の異母弟、本名が木下秀俊の2点が間違っています。
        そのため、間違っている個所を指摘してみました。

 

間違っている個所を指摘すると、正しく直してくれています。

 注意事項)ページを日本語に翻訳すると、エラーが出る可能性があります。
      ページ翻訳せずに、日本語入力すると、日本語で回答してくれます。

 

AI関連記事

無料で使えるOpenAIのChatGPTで遊んでみた!
よく耳にするChatGPT。OpenAIが開発した次世代言語処理モデルで、自然言語の理解や生成をする技術です。40代中年男の私ですが、時代に取り残されないようChatGPTを取り入れてみたいと思います。
対話型AI検索エンジン【Perplexity】を使ってみた!
WEB上の情報を自然言語で検索できる対話型AI検索エンジンである『Perplexity AI』。最新情報に基づいて高品質な回答を生成し、根拠となるページのリンクも提示してくれます。多言語対応で画像生成機能も備えた、次世代のAIです。Perplexityは無料でも使用することができます。
Cohere(コーヒア)Command R+を使ってみた!
Cohere(コーヒア)は、最先端の人工知能(AI)技術を活用して、ユーザーが日常的に使用するアプリケーションやデバイスで利用できるAIアシスタントを提供する企業です。Cohereのチームは、自然言語処理(NLP)と機械学習(ML)の分野で豊富な経験を持つ専門家で構成されており、複雑な言語タスクを実行できるAIモデルの開発をしている。
GoogleのGemini(ジェミニ)を使ってみた!
2023年12月6日にGoogle DeepMindから発表された Gemini は、従来のAI言語モデルの境界を押し広げる革新的な技術として注目。LaMDAとPaLM2の後継モデルとなるGeminiは「Ultra」「Pro」「Nano」の3つで構成され、それぞれ異なる強みと機能がある。
Microsoft Copilot(コパイロット)を使ってみた!
連日、AI技術関連のニュースを頻繁に目にします。実際に使ってみてみれば、AIの進化を痛感するばかりです。今回は、Microsoft Copilot(マイクロソフト コパイロット)を使って、記事を書いてみます。

 閲覧ありがとうございました。

*****************
  中年独身男のお役立ち情報局
  Friends-Accept by 尾河吉満
*****************

タイトルとURLをコピーしました