PR
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

棚から溢れ出る歴史書籍たち!三国志から中国神話まで!

自分と家族

棚から溢れ出る歴史書籍たち!三国志から中国神話まで!

 溜まっていくもの、やはり本ですね。
 子供の頃は、全然読書をしなかった私。
 三国志との出会いによって、本を読むようになりました。
  (最初はテレビゲームからなんですけどねw)

 三国志から始まり、「漢再興の光武帝」「項羽と劉邦」「秦の始皇帝」「春秋戦国」
 「周、殷(商)、夏、神話伝説」と歴史を遡ってこの始末。

 読書家の方は、買って読んで売ってを繰り返して、たくさん読まれるんですよね。
 私の場合は読み返したり、新書と読み比べたりしたいので、売ったり捨てたりできないです。
 電子書籍もあるのですが、やはり本の方が好きです。

 歴史の魅力ってひとつではないのですが、現代のような豊富なツールのない時代の先人の知恵を
 学べることです。
 孫氏の兵法や孔子の論語など、古代の中国思想は現代に通じるものが多いですね。
 歴史上の人物の人生を物語としてみると、とても面白いですし。

 NHKの大河ドラマとかよく観てました。
 歴史って過去の出来事と考えれば不変のものなのですが、古い歴史ほど判っていないことが多く、
 諸説ありなんてよくありますよね。
 でも科学技術がどんどん発展していくように、歴史も新たに発見されたり、解明されたりしていく
 ので、歴史の学びに終わりは見えません。
 そんなこともあり、これからもどんどん溜まっていくんでしょうね。

【中年独身男】三国志に出会った私
『三国志』との出会いは1992年、中学生になってすぐのこと。当時はスーパーファミコンが流行っていて、私もゲームに熱中していました。そんなとき出会ったのが、光栄の「三国志Ⅲ」です。まぁ、歴史も良く知らず遊んでいたんですけどね。
【中年独身男】三国志より以前の古代中国を学ぶ!
歴史の中で興味深く人気がある時期は、時代の変革期だ。日本で言えば、源平や太平記、戦国時代、幕末維新などがある。栄えた文明・国家は衰退して滅び、時代が新しく生まれ変わっていくところに興味がそそられる。「三国志」においても、黄巾の乱(184年)が起こる背景を辿っていくと後漢をもっと知りたくなる。
【本棚はアイリスオーヤマ】手頃価格でおしゃれな本棚!
中学生時代に三国志と出会ってから、本を読むようになり、数百冊の本で溢れる状態に。私は電子書籍よりも、やはり文庫で読むのが好きです。そこで、私が好きなアイリスオーヤマの本棚をご紹介します。参考にして頂ければ、幸いです。

 閲覧ありがとうございました。

*****************
  中年独身男のお役立ち情報局
  Friends-Accept by 尾河吉満
*****************

タイトルとURLをコピーしました